>

一般修理専門店に頼む前の最終チェック

メリット

一般修理専門店は非正規店になります。
そもそも正規店はメーカーつまりAppleから認められているお店のことを指します。
そのため、正規店というのはAppleストアしかありません。

そんな非正規店ですが、メリットとしては正規より待ち時間が短く、ある程度空いていて、故障個所がすぐにわかるようであればその場で即対応してもらえることもあります。
長くても2時間くらいで修理は終わるでしょう。
修理にかかる時間を利用して、ショッピングを楽しむのもいいですね!
また、何よりも嬉しいのがデータが消えないという点です。
バックアップをとっていても、やはりデータが消えてしまうのは悲しいですよね。
そして、ちょっと正規店よりも少しばかり安いのもメリットです。

デメリット

ここまでの記事を読んでいると一般修理専門店で修理すればいいことだらけのように思えますが、実はデメリットもあります。
非正規店で修理することによって、メーカーの保証のAppleCareや、キャリア独自の保証サービスが受けられなくなってしまう場合があります。
全てのメーカー保証が修理をすることで対象外になってしまう訳ではないので、保証内容を確認しましょう。
もし外れてしまったら、一般修理専門店の保証期間を確認しましょう。

非正規店であるため、メーカーから修理マニュアルを取得できないため、独自で修理マニュアルを作成しなければいけません。
そのため、できたばっかりのお店に修理してもらうよりも修理実績の長い会社のが安心ですので選ぶ時のポイントにしてください。


この記事をシェアする