壊れ方と保証

スマートフォンが壊れたときに最初に持って行こうとするのは、Appleストアかキャリア会社だと思います。 しかし、実はその場合だと意外とやらなければならないことが多いのです。 修理する前にやらなくてはならないことを見ながらこれが一番ベストな選択なのか考えましょう。

その選択、本当にベスト?

今ものすごい勢いで販売生産数を伸ばしているスマートフォンですが、ガラパゴス携帯と違って折りたためないため落としたらすぐに画面が割れてしまうのが個人的には残念です。
一時期はiPhone本体を買うよりも、バキバキに割れた画面を修理に出した時の修理費用のが高くつくとまで言われていました。
他にも壊れるパターンとしては、アプリがすぐに強制終了してしまう、ホームボタンが効かない、カメラが映らないなどがありますね。
そんな時、いつもあなたはどこで修理を行っていますか?
今回は、スマートフォン、特にiPhoneについて、修理をする際にどこにお願いするのがよりお得なのかを見ていきたいと思います。

ちなみに、携帯が壊れたときに明暗を左右するのが保障に入っているかどうかですね。
iPhoneの場合AppleCareという独自の保証サービスがありますし、キャリア会社はキャリア会社で独自の保証サービスを行っていたりします。
AppleCareはiPhoneを購入してから2年間、壊れたときに無料で交換してもらえるサービスです。
バッテリーの交換もしてもらえるので、もしサービスを受けているのであれば、壊れてなくても保証が切れてしまう前にバッテリーのチェックをしてもらうのもありだと思います。

ちなみに、一般修理専門店の保証期間は3か月から1年程度で、ないお店もあります。
一般修理専門店に修理に出す際には保証期間もきちんと確認したいものですね!

一般修理専門店で修理してみると?

一般修理専門店というとイメージが湧かないと思いますが、つまりはAppleストア以外の修理店です。 Appleストアとは何が違うのか、どこがいいのか紹介していきたいと思います。 メリットが多いので、頭の片隅にも選択肢として浮上していなかった貴方! 必見ですよ。

一般修理専門店に頼む前の最終チェック

ここまでは一般修理専門店に修理を頼むことのメリットを中心に見てきましたが、最後はデメリットも一緒に見ていきたいと思います。 非正規店に修理を頼むことで正規の修理が受けられなくなることもあるので、後悔がない選択をするためにも二面性を知りましょう。